本連盟について

日本ベンチャースポーツ連盟は、2017年12月、ベンチャースポーツの連携を強め、各競技の普及・強化・収益性の向上の目的で創設されました。
ベンチャースポーツは、競技人口が少なく、やる価値がないという意味を含む「マイナースポーツ」でもなく、ただ新しいだけの「ニュースポーツ」でもなく、時代の最先端を行くイノベーターのスポーツ「ベンチャースポーツ」です。
2016年に提唱が始めり、現状では「ベンチャースポーツ」という概念が浸透しつつあります。
当連盟では、個々の競技だけでは難しい普及やプロモーションを、お互いに協力できる環境を整えることによる、相乗効果を生み出していきます。

ベンチャースポーツという概念に賛同いただける賛同いただける場合には、一覧へ追加させていただきます。是非ご連絡ください。必要に応じて、スポーツ界全体で同一の方向を目指し、スポーツ関連分野全体の活性化を目指します。