スポーツストレッチ(ストレッチ・スポーツ)

スポーツストレッチ
(ストレッチ・スポーツ)

スポーツには不可欠なストレッチ。重要なのは分かっていても、どうしても後回しにしがちで、忘れてしまう。
ストレッチもスポーツ化して楽しく行ってしまいましょう!

得点表

関連隙間時間ながらストレッチ

アンバサダーの芹川武志氏が提唱するストレッチ法です。
多忙極める学生や社会人アスリートは、施設予約時間限界まで練習に取り組みためにケア不足に陥っています。そんなアスリートたちが、勉強の合間や風呂上がりなど、場所と時間を選ばずに取り組むことが出来るストレッチ法です。

上半身編

下半身編

ルール

スポーツストレッチは「得点表」にある得点を競うスポーツです。
※このストレッチスポーツは疲れをとるために硬くなった筋肉をほぐすときに行うので、運動後やゆっくり休んでいる時に行ってください。運動前やウォーミングアップ時には不向きです。

現状を把握

得点表にあるチェック方法にトライし、現状を確認する。

隙間時間に取り組む

「どこを伸ばせば、どこに効果があるか?」を考えながら得点の向上に取り組む。
適宜「隙間時間ながらストレッチ」などを参考にしてもよい。

習慣化して得点の向上を!

得点が最大になった得意な部分ばかりに取り組まず、全体的に点数が高くなるように練習をしてきましょう!

背景と狙い

優先順位の低さ

スポーツにおいて、ストレッチは明らかに効果がある行為です。しかしながら直接的に目に見える効果は得づらく、後回しされがちになり、結果としてケガの増加などが起こっています。

地味になりがち

ストレッチは、ただ時間を区切ってやればいいというものではなく、意識して取り組む方が効果が高くなります。しかし、球技自体のように派手ではなく地味なことが多くやはり優先順位が下がりがちな傾向にあります。

具体性が低い

いざストレッチをしようとしても、何をどうやればいいかが分からない。意識してやるのが難しい。よって点数化とパーツを示すことで取り組むハードルを下げます。

偏り傾向

得意な部分ばかりやるのは人間の性です。ストレッチでは、身体全体のバランスの良さが肝心のため、点数化を行うことで、十分な部分と不足している部分を分かりやすくする必要性があります。

自分で自分の身体を考えることの重要性

スポーツストレッチは、創作の要素が強いものです。どの部分が伸びているか?、を考えながら取り組むこと自体にも意味があるため、徒競走のタイムのような統一基準は現状設けておりません。

日本ベンチャースポーツ連盟では、スポーツや運営にかかわる幅広い情報を発信しております。 SNSの登録をお願いいたします。

TwitterFacebookInstagram