トレーニング・スポーツ

スポーツには不可欠の「トレーニング」。 直接的な効果が目に見えにくかったり、自分の得意なトレーニングばかりを取り組みがちになり、効果が偏ってしまう傾向にあります。

そこで弊連盟では、トレーニング自体を「スポーツ化」し、負担にならず効果的にトレーニングが出来るようになる「トレーニング・スポーツ」を提案いたします。

ながらトレーニング

筋トレをはじめとした基礎トレーニングは、効果があるものの、地味で継続するのが大変。
そこで、トレーニング自体をお手軽に暇つぶし感覚で出来る「ながらトレーニング」を紹介します。

詳しくはこちら

寝「ながらトレーニング」

筋力トレーニングは、効果があるものの、やるまでが大変。実際に、起きる上がるのすら面倒なことも。 
これを踏まえて「ニーズに見合ったスポーツ」として、起き上がらなくてもできる筋トレをシリーズで紹介します。

Face up exercise

ヒップリフト

主に臀部・脊柱起立筋・大腿部を鍛えるトレーニングです。左から順に負荷が上がっていきます。
体幹の安定性や地面を押す動きなど、脚部のパワーを発揮する部位を鍛えることのできるトレーニングです。 
まずは自分のレベルに合わせて負荷を加算していきましょう。

ヒップリフト①

両足で行うパターン
上半身はリラックスさせておく
しっかりとお尻を締め流のがポイント

ヒップリフト②

片足を膝の上に乗せるパターン
片側に負荷がかかるので、体がブレないように注意が必要

ヒップリフト③

片足を曲げた状態で行うパターン
②よりも安定性が減るので、より臀部をしっかりと鍛えることが出来る

ヒップリフト④

片足を伸ばして行うパターン
あげている方の足はなるべくリラックスした状態で行う
しっかりとお尻を使うように意識

準備

スポーツに必要な道具を準備します。

フラットな床やベッド

フラットな床で手足を伸ばすことのできる広さが必要。
ヨガマットやエクササイズマットを使用することも可能。
ベットの上や布団の上でも可。

タイマー

タイマーで時間を計測します。
アプリ可。

カレンダー

カレンダーへ記録を付けます。
アプリ可。

ルール

「トレーニング・スポーツ」はスポーツのため、ルールを設定します。

ヒップリフト1

ヒップリフト1を20秒以内に何回繰り返せるか?

一ヶ月の達成回数

1ヶ月の達成回数を競います。

トレーニング効果

デスクワークの多い現代社会では、座った姿勢を長く続けることで、常に体重を受ける臀部が凝り固まっています。
隙間時間にこのトレーニング・スポーツ「寝ながらトレーニング」を行うことで、ヒップアップはもちろん、筋肉の緊張緩和にも繋がります。
上記の「ヒップリフト」は他にも、大腿部のハムストリングや体幹部の腹横筋にもトレーニング効果があります。特にパターン③の片足をあげたバージョンは、特にトレーニングの効果も高まります。
腰痛に悩む方にも是非行って頂きたいスポーツ種目の一つです。