JVSFNewsletter Vol.02

JVSFNewsletter Vol.02

当団体では「JVSFニュースレター」として、数か月に一度、情報まとめ投稿を行っていきます。JVSFニュースレター Vol.2をお送りいたします。

現在日本ベンチャースポーツ連盟では、スポーツに広く関連する方法論やツールの開発のため「ベンチャースポーツ〇〇」として多角展開をしております。いくつかご紹介いたします。

マネジメント

世の中には幾多のスポーツがあります。しかしながら、運営の仕組みや構造は非常に似通っています。これらの効率化を図るため、協会や団体運営に必要なスキルの一覧やそもそもの運営の大原則についての記事の公開を、国際組織の監査経験のある方や、弁護士の方等と協力し、作成しています。またGoogle Apps Script(GAS)等を用いコードを書き替えることで、業務自動化(RPA)による管理の効率化を行っています。間接部門の完全自動化を目指します。

https://venturesports.jp/management/

JVSFカレンダー

その一環として各業界内で情報が閉じており、出回らなくなりがちな状況を解決するため、匿名投稿式のカレンダーを公開しました。フォームから入力が送信されると、管理者へメールがいき、承認ののちに、カレンダーへ自動で同期されます。https://venturesports.jp/jvsf-calendar/

クリエイション

スポーツの体験過程自体に注目し、該当する目的に合わせてルールを設定することでスポーツを創作しています。https://venturesports.jp/creation/

スポーツストレッチ

スポーツに準備運動とクールダウンはつきものですが、特にストレッチは地味で、効果もわかりづらい傾向にあるために、おろそかにされがちな傾向にあります。この結果としてけがが増えます。そこで、ストレッチ自体を点数化し、点数を伸ばせるようにスポーツとしてトレーニングする方法を提案しています。https://venturesports.jp/creation/sports-stretch/

プロダクション

現在では様々な大会の写真が公開しています。徐々にクリエイターのメンバーも増加中です。https://venturesports.jp/production/

ラボ

スポーツのエリアは、究極「無くてもいい」業界であると認識しています。よって広く関連する業務の実験がしやすいと取ることもできます。さらに小さい業界であれば仮説検証もしやすくなります。よって各事業で行った実験の過程や考察を「ベンチャースポーツラボ」として公開できる部分は公開しています。これは、スポーツに限らず、組織運営の仮説検証を、他分野に応用できるようにするためです。

https://venturesports.jp/lab/