Venture Sports Labs

日本ベンチャースポーツ連盟のビジョンは「構造革命」です。スポーツ業界をはじめとし、様々な業界で、そもそもの根本的な構造自体が問題になっており、小手先の方法では、解決・革新が難しくなっている現状があります。

弊連盟では、事業のひとつとして、Venture Sports Labs ベンチャースポーツラボを展開しています。

ラボはラボラトリーの略で、研究所・実験室を意味します。スポーツに広く関連する多様な戦略、特に今までにあまり例がない方法を取り、広く社会実験・検証をする事業です。

なお、スポーツ・特にベンチャースポーツを題材とはしていますが、他の分野にも存分に応用を利かせられる方法であることを念頭に置いています。

ノータイトル・メイシ・プロジェクト

日本では所属と肩書、氏名が入ったカード「名刺」を非常に大切にします。渡し方などにもマナーがあります。この傾向は世界でも珍しく、海外でも日本人同士の挨拶では丁寧な「名刺交換」が行われます。名刺は英語訳ではBusiness Cardと呼ばれますが、名刺は、寿司Sushiのように、Meishiとして、日本の文化として認識されつつあります。

弊連盟では、「ノータイトル・メイシ・プロジェクト」肩書の入っていない名刺を一定の審査の元、関連の方々向けに発行し、働き方改革や、さらにそれを超える趣味と労働の融合を目指しています。詳細はこちらのページを参照ください。

ノータイトル・メイシ・プロジェクト

日本代表運用改革ビジネス

スポーツはその性質上、スポーツの行為自体には著作権や商標権を取得することが出来ません。では、スポーツの特に競技スポーツのみに限った場合、競技団体である協会や連盟の固有の価値とは何でしょうか?

規模や形態によってさまざまあるものの、唯一、該当競技の国際連盟に加盟している場合に限り、該当競技の日本の協会や連盟は、日本代表を世界大会に派遣することが出来ます。この派遣する権利こそが、競技団体の特権といっても過言ではありません。ということは、団体の価値を最大化するためには、この日本代表をうまく運用することこそが、中長期的な発展を見据えた場合に、団体の運営にとっても重要になってきます。個人競技よりも、控え選手など枠が多い団体競技では猶更です。

弊連盟では、この「日本代表枠」を、アスリートのみならず、協会や連盟、ひいては、業界にとって有用な形での運用の支援をいたします。

※希望する団体のみで実験的に実施しています。

マーケティング・スポーツ

スポーツに関するマーケティングは、数多く存在します。典型的なモデルは、スポーツのようなメディア映えするものに協賛をする形で広告を掲載します。これらは通常「スポーツマーケティング」と呼ばれます。

一方メディアが多様化し、人間の興味も日々多様化する中、そもそものスポーツや広告とのかかわり方も新たな流れがあってもいいのではないでしょうか?

ベンチャースポーツラボ「マーケティングスポーツ」では、ネイティブ広告・記事広告と呼ばれる方式のように、スポーツをやっているだけで、実は商品の宣伝になっているスポーツ、マーケティングスポーツの創造しています。