日本代表運用改革ビジネスプラン – 日本ベンチャースポーツ連盟

日本代表運用改革ビジネスプラン

※希望する団体のみで実験的に実施

スポーツはその性質上、スポーツの行為自体には著作権や商標権を取得することが出来ません。では、スポーツの特に競技スポーツのみに限った場合、競技団体である協会や連盟の固有の価値とは何でしょうか?

規模や形態によってさまざまあるものの、唯一、該当競技の国際連盟に加盟している場合に限り、該当競技の日本の協会や連盟は、日本代表を世界大会に派遣することが出来ます。この派遣する権利こそが、競技団体の唯一の特権といっても過言ではありません。ということは、団体の価値を最大化するためには、この日本代表をうまく運用することこそが、中長期的な発展を見据えた場合に、団体の運営にとっても重要になってきます。個人競技よりも、控え選手など枠が多い団体競技では猶更です。

弊連盟では、この「日本代表枠」を、アスリートのみならず、競技協会や競技連盟、ひいては、広く業界にとって有用な形での運用の支援をいたします。

前提として、業界では、日本代表経験者が引退後も影響力を持ち、競技団体の運営にかかわっていくという傾向があります。

しかしながら、選手が競技「だけ」に集中していた場合、ほかのことがさっぱりで、組織運営が出来るタイプでは全くない人も多いでしょう。さらに、競技団体は、聞いたことがないスポーツが強いということは、現段階で、そのスポーツが知られていない場合、あまり価値が高いスキルとは残念ながらいうことが出来ません。

また、特にベンチャースポーツと呼んでいるような競技は、現状では、人的な資産、資金、知名度などの必要なものが足りておらず、これらの向上が最優先といっても過言ではありません。

一方で、スポーツを真剣にやっていた人であれば「日本代表になってみたい」人は多いです。その中には上記のような競技団体の運営に必要なものを備えている人も多くいます。この辺りをうまく取り入れていきます。

具体的な方法として、競技協会は、日本代表選手の選考に、競技の強さ以外のファクターを追加していきます。こうすることで、競技の価値を効率よく向上させていくことが出来ます。